会社案内
Marine Next 株式会社MARINE NEXT CO., LTD.

備蓄と活魚鮮度配送で

水産流通の未来を切り開く!

三原に根差した水産荷受として、時化の多い瀬戸近海魚の効率的な集荷と、備蓄による需給管理により、安定的な価格を生産者に還元出来る仕組みを構築するとともに、近海魚を遠隔地のお客様に楽しんで頂ける新たなルートの確立を目指します。

活魚備蓄
元気に備蓄、最高鮮度

世界的な魚需要の増加に伴い、現在国内は品不足による価格高騰が慢性化しつつあります。集荷力を高める為にも、天然活魚を備蓄し、加工では得られにくい付加価値を、活魚を活性化させることより最高鮮度の商品として差別化を図って参ります。将来の地域拠点型荷受け構造に照準を合わせ、加工のみならず、集荷というセグメントの確立を目指しております。

◎漁獲後、元気に長生きする魔法の水 [低塩分飼育]

低塩分飼育で活魚を健康な状態に備蓄(出荷調整)する事により、販売チャネルを増やすことが出来ます。広島県の水産海洋技術センターの技術開発により、水揚げされた海水魚を塩分濃度の低い海水で一定期間泳がせることで、傷が回復し、長く生かし続けられる。大量に漁獲され、値崩れが想定される際に出荷調整が出来るだけでなく、販売先チャネルの拡大に繋げることが期待できる。

安定供給
当社が目指す安定供給

現在広島県とコンソーシアム事業として推進している【低塩飼育水】 (塩分濃度を下げた海水)を活用した備蓄で、漁獲された魚を健康的に備蓄することを目的にテストを続けております。また、CO2麻酔による活魚の効率配送で、日本全国必要時に産地に関わらず活魚を調達できる体制作りも併せて構築中です。時化の多い瀬戸内海の産地活性化と、安定供給に繋がる事業として、確立して参る所存です。

毎日の出荷が可能

天候や時化に関わらず、当日発注可能な体制とします。
 

一年を通して備蓄できる

海面、陸上共に備蓄が可能な体制とします。
 

速やかに出荷できる

お客様のニーズに応えられるよう
安定供給できる体制をとるようにして参ります。
 

品質管理を徹底できる

魚種別に熟練の目利きが魚の管理を行います。
 
 

水産物加工
瀬戸内海の魚を、
“新鮮なまま”加工

温暖な気候と潮流が激しい瀬戸内海は、イワシのような小型の魚からタイのような大型の魚まで、四季を通してさまざまな種類が獲れます。新鮮で美味しい魚を最新の設備で加工し、鮮度はそのままに美味しい加工品を全国にお届けします。

◎養殖魚も天然魚も“新鮮なまま”ご要望どおりに加工

加工工場では、工程別(一次加工・二次加工)で加工出来る設備を整え、養殖魚・天然魚をドレスやフィーレ加工、熟成乾燥等を行う事が出来ます。新鮮な魚を“新鮮なまま”加工し、さまざまな分野に美味しい水産物加工食品を供給していきます。

タイフィーレ

アナゴの開き

活魚ボックス
魚が麻酔で眠り効率配送&電解水でストレスを軽減し積載率アップ
過密状態でも長時間の輸送が可能です!

CO2で魚を眠らせることで、輸送時の魚への負担を減らし魚の“活き”を維持しながら活魚を運ぶことが出来ます。

Point 1CO2を使った睡眠輸送は、過密状態でも24時間の長時間輸送に対応出来ます!

CO2を使って魚を眠らせることにより、小型でありながら収容密度25%以上の過密・24時間の長時間輸送を行えます。少量、近距離の場合はCO2を使わずそのままの輸送が可能です。

Point 2大型活魚車と同等の大量配送が可能もちろん少量配送も対応可能です!

バッテリー、エアレーション機能等搭載のため1台から輸送が可能です。(水槽1台で魚の収容量約300kg)また、水量を調整すれば2t車から運ぶことが出来ます。大型車両に8台積載すれば、大型活魚車と同等の量を輸送できます。

Point 3蓄養槽としても利用可能です!

付属のAC100Vコンセントを使うことにより、積込み前のバッテリー消費節約だけでなく、蓄養槽として常時装置を稼働させることも可能です。

会社概要
会社名 マリンネクスト株式会社
所在地[ 本社 ] 〒729-0324
広島県三原市糸崎9丁目4-1
TEL: 0848-68-1755 FAX: 0848-68-1756
設立 2018年9月2日
決算期 3月
営業内容 水産物及び関連食品の卸売・水産加工食品の製造販売
代表者 代表取締役社長 天野 文男
役員構成 取締役常務 斎藤  稔
取 締 役 森岡 尚道
取 締 役 佐藤  亮
取 締 役 岡  秀敏
監 査 役 倉橋 彩子
従業員数 8名
資本金 1,000千円(株式会社クラハシ100%出資会社) ※次期総会にて増資予定
沿革 2018年9月 株式会社クラハシより100%出資を受け設立登記。当事業は、前身となるエイシン水産株式会社様より2018年8月31日に、不動産を含めた事業を譲り受け致しました。エイシン水産様が長年に亘り維持運営された良質な事業と、大切にされた産地、お客様を引継がせて頂き、クラハシグループとして新たな一歩を踏み出して参ります。
アクセス
COMPLIANCE