会社案内
業務内容BUSINESS CONTENT
クラハシの「営業最前線」

クラハシの「営業・管理体制とは?」

クラハシは、水産物と冷凍食品の総合卸売商社である-
時代が変わり、食の提供方法も従来とは違った発想が求められます。

今や魚も、ラウンドのままの状態では売れない時代となりました。市場=鮮魚というイメージが強い中、お刺身商品のようないわゆる《生鮮品》のみならず、今後は殆どが、加工品に転化していくと思われます。これは、忙しいご家庭を支える「食の在り方」のテーマでもあります。それを示すように、当社のもう一つの柱機能である「市販用冷凍食品」は、堅実に伸びています。よって当社では、鮮魚部と水産部の横連携を重視し、生鮮品から加工品(惣菜半製品・惣菜製品)に至る過程の水産品の提供方法について、日々試行錯誤しています。 情報IT化が進み、消費者マインドは日々進化します。また、商品がお客様に届くまでの流通構造は、今後も変化を進めることと思います。

しかし絶対に変わらないのは、
お客様が「安全で、おいしい物を食べたい!」という心理です。

クラハシは、直接的に一般のお客様に食の提供をする事はなくとも、お客様のニーズに応じた、鮮度感のある、且つ、利便性を追求した商品を、それを要望される業種業態の企業様にタイムリーにお届けすることを第一に、地域の食文化の貢献に寄与していければと願っています。

時代に応じた販売の在り方を常に追求

第四次産業革命の時代ー 市場として「量」を捌く機能を軸におきながら、消費者の皆様の多様性を重視し、EC事業展開の在り方も追及しています。従来とは違う生鮮品、食品の購入方法、デリバリー&テイクアウト等の受取方法も、ニーズに応じた対応が出来るように研究を進めております。

「商品力」で挑む
食品総合商社として、これからのニーズに沿った
「魚のみならず、食品」に関わるあらゆる商材を取り揃えています。

周りを海で囲まれ、世界一の魚消費国であり、多様で高度な魚食文化を誇る日本。“日本人の食卓”に魚は欠かせません。また、ひとつの魚をとっても、鮮魚、冷凍魚、加工食品と、様々な形態、仕様があります。クラハシは水産総合商社の名にふさわしい、圧倒的な商材群を取り揃えています。 情報IT化が進み、消費者マインドは日々進化します。また、商品がお客様に届くまでの流通構造は、今後も変化を進めることと思います。

鮮魚

クラハシの鮮魚部門は、サバ・アジなどの青魚を取り扱う「青物課」、マグロ、カツオなどの遠洋で捕れる大型の魚類を取り扱う「太物課」、瀬戸内海沿岸・近海の鮮魚を取り扱う「活魚課」、養殖魚全般を取り扱う「養魚課」、貝類・海藻類・高級食材・輸入物を取り扱う「特殊課」から構成されています。どこにも負けない荷主がおり、各浜の主力取引先があり、多くの選択肢がある中から荷引きを行っているのが最大の魅力であり、強みです。また、ニーズに応じた形態別の荷引きが出来ることも、当社の強みと言えます。

凍魚

世界各地で漁補される冷凍魚、タコ、エビ、イカ、貝類などを取り扱います。国内の水揚げ量の減少から冷凍魚の比重はますます高まる傾向にあると考えられ、大手水産各社、商社、インポーターと直結した強力な仕入れ機能を生かし、ニーズに沿った全世界の魚・水産品を取り扱っています。

冷凍食品

当社は、備後地区で最初に冷凍食品を手がけた実績があります。 全てのメーカーの特約店として、量販冷凍食品・惣菜から、弁当、産業給食、学校給食、 外食産業まで、あらゆる業界に食品全般のトータルマーチャンダイジングをご提案いたします。

塩干物

クラハシの仕入力を活かし、塩干魚、鮭鱒、魚卵、漬け魚等の各メーカー拘りの商品を取り扱っています。

加工食品

練り製品、多彩なチルドパック商品をはじめとした各種水産加工品を中心とした販売を手掛けています。近年共働きが増え、家庭での料理時間が削られ時短が求められている「内食市場」に対応するため、レンジ調理品、レトルト商品など時短商品を開発。食べ易い商品として骨取り商品やまるごと食べられる商品強化にも取り組んでおります。また、「中食・外食市場」に対して、国内原料やクラハシの強みである「瀬戸内商材」を加工し、惣菜などのジャンルにも積極的に取り組んでおります。時化対応や年間での販売を可能にするため、国内原料の冷凍加工にも取り組むなど、あらゆる業態のニーズにお応えが出来るよう、クラハシ・産地・メーカーが一緒になりクラハシの強みを活かした商品開発に取り組んでおります。

【ニーズに合わせた商品開発】

仕入れ先マップ

世界からの仕入れ

商社、大手メーカー、インポーターを通じて全世界から水産品が仕入れられる。ひとつの商談が数百万、数千万単位といくことも。

国内の仕入れ・産地

毎日、日本各地の産地から商材が直送される。いかに質の高い商材をまわしてもらうか、そこに長年の営業の信頼関係と実績が生かされる。

流通ネットワーク
クラハシを通すことで、従来の市場の流れ・強みを再認識。
フルアソートの仕入れ、業態別の販売、ニーズに合った市場の流れを作り、
良い循環を構築する。
仕入れネットワーク
クラハシだから出来る仕入・交渉力強化へ

これまで日本は海に囲まれた「魚大国」として魚食文化が栄えていました。しかし、海外の健康需要から魚需要が高まり、魚の引き合いが強い環境にあります。また、日本自体の魚食文化が薄れてきており、魚食の減少が顕著に表れ、まさに負の循環に置かれています。その課題に対し、長年に渡る実績に培われた産地と仕入担当の信頼関係だからこそ出来る「クラハシ独自の仕入」を強化しました。更なる集荷力向上に努め、ニーズ対応が出来るフルアソートでの集荷を目指します。また、地域加工場との連携強化を高め、「独自性のある商材の開発」も推進し、ニーズに合った商品の集荷を目指します。このように、荷主・メーカーが抱えている悩みや問題点を一緒に考え、一緒に立ち向かうことで、荷主・メーカーだけでなく、販売先にもメリットのある、「三位一体の流れ」を作ることがクラハシの使命と考えております。

販売ネットワーク
『産直』の次を目指し、国・県・地域と協力し、本来の市場機能の再構築へ

以前は、全国各地から販売委託または買付により出荷された魚をセリや入札によって仲卸業者や売買参加者に卸売りするというものでしたが、徐々に直接取引が主流となり、大手量販店、外食チェーンがその主役に。大手量販店では販売計画に基づいて仕入れが行われております。クラハシは従来の市場機能にプラスして、「産地・クラハシ・得意先の三位一体で商品開発」、「加工や物流も請け負う」といった付加価値提案も行ってきました。ここ最近では、「産直」依頼に対して、荷主から直接買うメリット、デメリットを理解して頂き納得した形での得意先にとって最適なご提案を行っております。また、国や県と一緒になり産地支援、各業態のニーズに合った価値を創造することで本来の市場機能をフル活用した商流の再構築を目指しております。今後は販売エリアを更に拡大し、企画・提案型営業することで「物だけでない価値ある提案」をご提供してしてまいります。

【販売ネットワーク図】

“瀬戸内の中心”から広がる幅広い物流ネットワーク

物流はダイレクト。長年の実績に培われた
信頼関係がネットワークの原点

言葉と一体“チーム・クラハシ”

魚市場の機能は、以前は全国各地から販売委託または買付により出荷された魚をセリや入札によって仲卸業者や売買参加者に卸売りするというものでしたが、現在は直接取引が主流です。クラハシでは営業の各部門が事前の入荷状況を情報として把握するとともに各々の得意先様の仕入計画も把握し、提案型の販売と物流を行っています。

40年を越える経験と実績

近年、各地の魚市場でもそうした動きに対応していますが、クラハシは1980年頃からその体制を採り、システムを構築してきました。そして「商品開発を担当する」「加工や物流も請け負う」といった付加価値提案も行っています。今後もさらに販売チャネルを多様化するとともに、エリアも拡大してまいります。

お得意先に応じて

福山、岡山、広島はもとより、山陰地区〜四国地区まで幅広く発送しております。また、お得意先様に応じて配送の組立も行っておりますのでご相談ください。

鮮魚部

【拠点】福山卸売市場、中央冷蔵内海工場 
【運搬】場内物流・自社運搬他

水産部・食品部

【拠点】福山卸売市場、中央冷蔵内海工場、中央冷蔵流通センター他 
【運搬】場内物流・自社運搬他

広島営業所

【拠点】中央冷蔵西部工場、TUロジネット 
【運搬】TUロジネット

主要仕入先

日本水産株式会社、株式会社マルハニチロ、マルケー食品株式会社、テーブルマーク株式会社、トライ株式会社、株式会社極洋、株式会社ニチレイ、秀長水産株式会社、大冷フーズ株式会社株式、タカノブ食品株式会社、株式会社アクリフーズ、株式会社ヨンキュウ、味の素株式会社、など

主要販売先

■ 福山魚市場の仲卸及び小売買参業者
■ 業務関係 (学校給食、産業給食、他各社)
■ 西日本各地の魚市場
■ 外食関係 (レストラン、ファーストフードチェーン他各社)
■ 大手量販店 (ナショナルチェーン、リージョナルチェーン各店)
■ 地域食品問屋各社
■ 地元量販店 (ローカルチェーン各店)
■ 地域水産養殖業者各社
■ 西日本各地の加工業者 (水産加工、練製品、他各社)

COMPLIANCE