会社案内
広島県産応援登録制度SUPPORT FROM HIROSHIMA PREFECTURE
広島県と拘りのひろしまの幸を
お届けするプロジェクトです
広島県応援登録制度とは?
「こだわりの広島の幸をぜひ食卓に!」


生産者は、栽培方法や出荷方法などにおいて様々な工夫を凝らし、日々、消費者においしく食べてもらうための努力をしています。しかしこれまでは、生産者から、消費者や取扱店舗へその魅力を伝える機会が少なく、数ある商品の中から「選んでもらう」チャンスを逃していました。魅力ある広島の幸をもっと知ってほしい!もっと食べてほしい!・・そんな想いから、広島県ではバイヤーや飲食店の方など食のプロに協力を要請され、「味」「育て方」「ストーリー性」などの観点から商品を審査。合格した商品を「こだわりの広島の幸」として認定し、皆様の食卓にのぼるよう、取扱店舗の拡大やPR活動など、全力で応援されている制度となっています。瀬戸内海の中でも広島県は里山の栄養分を含んだ汽水域があり、餌となる貝、エビや動物プランクトンが多く、美味しい魚が水揚げされています。その中のオススメ20魚種を登録しています。

赤エイ(アカエイ)

内湾や沿岸部の浅場、河口部などの砂泥底に生息しており、通常は砂の中に潜っていますが、食事の際には海底を這いまわるように泳ぎ、主に貝類や甲殻類を食べます。尾にしなやかな鞭状で尾棘(びきょく)と言われる毒棘を持ち、万一刺されると病院送りになりますので、特に注意が必要です。
【調理方法】
クセのない白身魚ですが、時間が経つとアンモニア臭が強くなるので、新鮮なものを選びましょう。煮付けや唐揚げ、味噌汁、ムニエルなど様々な料理でも味わえます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

赤舌鮃(アカシタビラメ)

「アカシタ」、「ウシノシタ」、「ゲンチョウ」など様々な地方名があり、沿岸部の砂泥底に生息しています。有眼側は赤褐色で茶色い斑点があり、側線が3本あります。無眼側は白色です。目は小さく、2つ並んでついています。見た目はちょっとユニークですが、旬の時期にはとても美味しい魚で、近縁種はヨ-ロッパでも人気です。
【調理方法】
11〜12月は身が厚くなり脂が乗って美味しくなります。年明けからは子が入り、煮付けにすると美味しくいただけます。他にもムニエルや唐揚げなどの料理が楽しめます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

石茂魚(アコウ)

標準和名は「キジハタ」で、キジのような紋様を持つハタ類であるところから名付けられといわれています。群れを作ることなく、水深の浅い沿岸の岩礁域や珊瑚礁の隙間に生息しており、夜行性で、嗅覚を働かせて餌を探して泳ぎ回ります。生まれた時は全て雌で、大きくなると雌に変異します。毒はありませんが、背鰭の棘が非常に鋭いので注意が必要です。
【調理方法】
きめの細かい白身魚で、甘みと旨味が凝縮された上品な味わいです。鮮度が良ければお刺身がおすすめですが、特に皮下のゼラチン質は脂を含んでプルプルなので、煮付けや唐揚げなどの料理もおすすめです。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

馬面剥(ウマヅラハギ)

カワハギに似ていますが、馬のような面長な顔をしているためこの名前が付けられたといわれています。昼間は中層を夜間は底層を群れを作って泳いでおり、沿岸の砂泥底や岩礁に潜み海藻をくわえて眠る習性があります。体長は30cm程度、体色は灰色で不規則な明暗があり、鰭は青緑色、頭部に大きな棘が1本あります。
【調理方法】
淡白な白身ですが、鮮度が良ければ刺身でも十分に楽しめます。冬〜春にかけては肝が大きくなり、刺身と一緒に食べると格別です。また、煮付けや鍋にも最適です。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

鬼虎魚(オニオコゼ)

その名の通り、見た目は非常に特徴的な魚です。生息場所によって体色が変化し、赤褐色、黄褐色、黒褐色など様々です。沿岸の浅場からやや深い砂泥底で、あまり泳ぎ回ることなく、海底に生息し、砂や石に擬態し、小魚や甲殻類を待ち伏せして丸飲みにします。背びれには毒腺があるため、特に注意が必要です。
【調理方法】
上品な白身魚で歯応えがあるので、薄作りがおすすめです。小さなものはまるごと唐揚げにしたり、アラは潮汁にすると美味しくいただけます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

笠子(カサゴ)

定着性が強く、沿岸の浅い岩礁域や海藻が多く生える海底にじっとしています。体色は、生息環境によって変化し、暗赤色から黒褐色まで様々です。あまり泳ぎ回ることなく、海底に生息し、砂や石に擬態し、小魚や甲殻類を待ち伏せして丸飲みにします。毒はありませんが、背鰭の棘が非常に鋭いので、注意が必要です。
【調理方法】
新鮮で大きいものは薄作りがおすすめです。小さいものは、唐揚げや煮付けにすると美味しくいただけます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

(カマス)

瀬戸内海では「アカカマス」を指します。沿岸域や岩礁の周囲で活発に泳ぎ回っています。小さい時は浅い場所も大きくなると深い場所に群れを作って生息しています。細長い体に一本の縦帯があり、口は大きく、犬歯状の歯がよく発達しています。
【調理方法】
水分が多く、水分をある程度抜くことで旨味が凝縮されますので一夜干しがおすすめです。小骨が多いのが少し難点ですが、あっさりした味わいですのでフライもおすすめです。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

黒鯛(クロダイ)

関西以西では「チヌ」と呼び親しまれています。主に内湾に生息し、時には汽水域まで侵入します。その名の通り黒い色のマダイの仲間です。おおむね2年までは雄として機能し、その後発達して雌に性転換する雄性先熟を行います。
【調理方法】
雑食で、汽水域にも侵入するため、生息場所によっては多少臭みがありますので、出来れば活締めしたものがよいでしょう。白身の淡白な魚ですので、塩焼き、ムニエル、アクアパッツァなどにすると美味しくいただけます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

桜鯛(サクラダイ)

春の風物詩で、桜の咲く季節の3月末から4月上旬に産卵のため浅瀬にやってきたマダイのことを指します。瀬戸内海ではこの時期に漁獲が増え、特に雌は美しく、桜色になります。
【調理方法】
鮮度が良く、大きなものは刺身がおすすめです。中小型のものは、塩焼き、煮付け、蒸し焼き、ムニエル、アクアパッツァ、鯛めしなどどんな料理にも合います。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

細魚(サヨリ)

瀬戸内海では、春を告げる魚=春告魚として親しまれています。また、福山市鞆の浦をはじめとする水揚げ港周辺では、冬場に水揚げが多く、干物を干される風景が年末の風物詩となっています。銀色に輝く体色が輝く、とても美しい魚です。
【調理方法】
鮮度が良く、大きなものはお刺身がおすすめです。中型は塩焼き、小型のものは天ぷら、お吸い物の椀種など上品な味わいが楽しめます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

白鱚(シロギス)

「キス」というと一般に「シロギス」のことを指します。海水温があがる初夏から浅瀬に移動し、秋口にかけ繁殖期を迎えますので、この時期に多く見ることができます。釣りの対象魚としても人気です、その美しい姿から砂浜の女王とも呼ばれています。ただ今では漁獲量が年々減少し、20㎝を超える大きなものは滅多に見かけることがなくなりました。
【調理方法】
非常にきれいな白身ですので、新鮮なものは一度刺身で召し上がってください。中小型は外食を中心に天ぷら用として需要が高まりますが、焼物や煮付けにしても美味しくいただけます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

(スズキ)

地方により呼び名は異なりますが、成長するにつれて「セイゴ→フッコ→ハネ→スズキ」などと呼ばれている出世魚のひとつです。河川下流域から岩礁域を中心とした沿岸域までの幅広い水域に生息しており、銀色のスマートな体をしており、大きな口で小魚を丸のみします。エラ蓋が尖っており鋭利なので、うかつに触ると手を切ることがありますので、注意しましょう。
【調理方法】
夏の涼感を味わう旬の代表的な料理として、スズキの洗いがあります。クセのない魚なので、刺身、焼物、蒸し物、煮物、揚げ物など様々な料理に合います。できるだけ大きなものがおすすめです。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

太刀魚(タチウオ)

頭を上にして立ち泳ぎすること、または太刀を思わせる銀色の外見から「太刀魚」と名付けられたといわれています。体表はグアニン質の層で覆われており、指で触っただけで剥がれ落ちやすいのも特徴です。歯が鋭く発達していますので、間違っても嚙まれないように注意しましょう。
【調理方法】
身が薄いので、おろすのは大変ですが、刺身にすると場合は皮をつけたまま表皮の銀箔色を楽しみましょう。脂がのる時期には、塩焼き、ムニエル、煮つけもおすすめです。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

海鼠(ナマコ)

「アカナマコ」、「アオナマコ」などと、見た目の色合いから分けて呼ばれることが多いですが、元々は「マナマコ」のことで、生息域などにより色目に違いが出るようです。見た目はちょっとグロテスクですが、コリコリとした食感は独特です。干ナマコは中国では超高級食材ですし、内臓は「このわた」、卵巣は「くちこ」と超高級珍味です。
【調理方法】
赤ナマコの方がやや柔らかいとされ、青ナマコに比べ高値で取引されています。いずれもよく洗った後、薄くスライスし、味付けした酢で食べるのが主流です。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月
禁漁(3月16日〜11月5日)

(ハモ)

梅雨の水を飲んで美味しくなると言われるように、梅雨時期から初秋にかけて旬を迎えます。有名な魚ですが、地方により食べる食べないがはっきりしており、京都では夏にかかせない魚のひとつになっています。また、小骨が非常に多いので、骨切りという作業が必要なります。また鋭い犬歯を持っていますので、間違っても噛まれないように注意が必要です。
【調理方法】
有名なのは湯引きで、梅肉や酢味噌などの薬味と一緒に食べられます。鮮度が良く、骨切りの技術が卓越しているのであれば、炙りなどの生食も可能ですが、天ぷら、お吸い物、照焼き、寿司などの料理も楽しめます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

(ボラ)

地方によって多少異なりますが、成長するにつれて「オボコ→イナ→ボラ→トド」と呼ばれている出世魚で、例えやことわざにもよく使われています。主に河川の汽水域や内湾に生息しており、雑食性であるため、独特の臭みがありまので、漁獲後すぐに血抜きなどの処理をします。
【調理方法】
鮮度が良く、活締めされたものは洗いにするのがおすすめです。特に冬場のものは臭みも少なく、脂ものります。卵巣は高級珍味「カラスミ」の原料として、珍重されています。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

真鯒(マゴチ)

コチには様々な種類がいますが、マゴチは「冬のフグ、夏のコチ」と呼ばれる白身の代表で、高級な白身魚として扱われています。特に旬の時期の全長40cm程度のものが美味しいとされており、身は淡白でありながらシコシコとした食感を楽しむことができます。
【調理方法】
活締めの大型サイズならば、薄造りか洗いがおすすめで、白身ならではの上品な味わいです。小さなものはお吸い物、揚げ物などでも楽しめます。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

丸鯵(マルアジ)

6月の梅雨頃に産卵のため瀬戸内海にやってきます。見た目はマアジそっくりですが、マアジに比べ丸みを帯び肉厚で、これがマルアジと呼ばれる由縁だといわれています。地域によってはマアジに比べ青みがかっているため、アオアジとも呼ばれます。
【調理方法】
回遊性のアジで、漁獲時期が産卵期ということもあり、マアジのように脂が乗ることはありません。非常にあっさりした味わいになるので、鮮度が良ければ刺身がおすすめです。加熱する場合は、焼物より煮物、揚物が良いようです。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

目痛鰈(メイタガレイ)

少し飛び出たような両目の間に棘があり,これに触ると痛いので「目痛カレイ」という説や眼と眼の間に板状の突起があるからという説などがありますが、両目がギョロっと飛び出しているのが特徴です。
【調理方法】
大きくても20㎝程度にしかならないので、いくら鮮度が良くても刺身はかなり厳しいです。皮下のゼラチン質がプルっとして美味しいので、1尾そのまま煮つけにしたり、揚物にするのが良いでしょう。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月

渡蟹(ワタリガニ)

ここでいうワタリガニは標準和名でいう「ガザミ」ですが、ワタリガニといった方が馴染み深いと思います。ガザミの産卵期は初夏から秋にかけてで、外子を抱えた雌が多くなります。夏には脱皮をするものが多いこともあり、実が入りがよく美味しいのは秋に深場に戻る頃から内子が充実する冬となります。
【調理方法】
内子を持ったメスがおすすめです。できるだけ大きなサイズで、蒸す、焼くなどしてシンプルに楽しみましょう。

漁獲カレンダー
1月 2月 3月 4月 5月 6月 7月 8月 9月 10月 11月 12月